後遺障害と後遺症

後遺障害とは、自己の際に身体に障害を被ってしまい、それにより様々な障害を起こることを言います。
似た言葉に後遺症がありますが、意味合い的には同じですが、内容の中で少し相違点があります。

それが、交通事故を起因とする傷害が治癒の見込みもないと診断されることで認定を受けることができます。
後遺症との少しの違いとして、治療をしてしまったけれど、なかなか治らないといったことだけではなく、回復が無理で他の身体的な不自由な部分が存在してしまった時に、後遺障害ということができます。

ただ、医師の診断や認定などで、単に後遺症と片付けられること多く、実は後遺障害なのに後遺症として過ごされている方も居ます。
くくりで言うと、後遺症のなかの後遺障害と位置することになり、内容を細かくみていく必要があります。

これはとても難解なこととされていますが、どうしてややこしくなってしまうかというと、認定を受けることで、保険金の支払いなどが存在しているからです。
この場合は、自動車損害賠償責任保険の管轄であり、自動車を所持する方は必ずはいっている保険です。

もし後遺障害と認定を受けること、その等級によって一定の保険金の受取ができます。

ときには裁判にもなるような事案もありますが、医師などとも相談をすることで、後遺症なのか、後遺障害なのか、そしてその後の生活の質なども考えなければならないことです。

後遺症は知っていたけれど、後遺障害は知らなかったという方も多いようです。



<TOPIC>
交通事故後に残ってしまった後遺症の障害認定相談を受けている法律事務所のサイトです → 交通事故 後遺症